記事トップ広告




新居のカーテンを購入する時の測り方で注意することは?

こんにちは!つーです。

最近新居に引越しをして、いろいろな物を購入しております!

これがまた大変で、今も部屋が散らかっております^^;

その中でカーテンを購入しようとカーテンレールを測ってお店に行ったのですが、正しいカーテンレールの測り方がちゃんとあるそうで、購入に戸惑ってしまいました>_<
せっかく購入したカーテンが綺麗に見えるように、カーテンを購入する時の知っておくと便利な知識や測り方をご紹介致します!

スポンサーリンク

窓の種類とカーテンのサイズ感

まず、カーテンを購入する際にどの窓のタイプに取り付けるかというところが重要になってきますよね?

その窓によってもサイズ感や測り方が違ってきます。
どのような窓があるのかみていきましょう!

掃き出し窓

掃き出し窓。「はきだしまど」と読みます。

これは床の近くまである大きな窓のことを言います。
リビングなどにある大きな窓で、庭に出入りできるような構造になっています。

賃貸でもメインの窓としてベランダに出れるように設置されていますね^ ^

僕はこの言葉を知らなくて、店員さんに聞かれた時にすぐ反応できませんでした(笑)
覚えておきましょうね!
掃き出し窓は大きい物になりますから、視界にも入りやすいです。
やはりサイズ感やデザインは重要になってきます!

特に長さは短すぎると格好悪いですし、長すぎるのも違和感があります。
長すぎる場合は誇りやゴミを集めてしまうこともあるので気をつけましょう!

理想は床から1〜2㎝離れている状態だそうです!

既製品でも物によってサイズ感が多い場合もありますが、建物によって多少違うので、ある程度オーダーして作ってもらえると良いと思います!
横幅もカーテンレールから10%ほど長くしてゆとりがある方が綺麗に見えるそうです!少し波打つような感じですね^ ^

キッチリにしすぎると見た目がかなり変になるので気をつけましょう‼︎

腰高窓

スポンサーリンク

こしだかまど」と読みます。

これは窓の大きさが人の腰ぐらいの高さの窓のことを言います。

良く小窓とか言うのもそうですし、少し大きめでも腰までの高さなら腰高窓になりますね!
もちろん外には出入りできない窓になります!
腰高窓の場合も掃き出し窓と同じように横幅はカーテンレールから10%増しぐらいで構いません。

問題は長さですよね!

腰高窓の場合、窓からどれぐらいの長さまでするかによって見た目も効果も変わってくるそうです。
腰高窓の場合は窓枠の下から10㎝〜15㎝くらいカーテンを長くする方が理想的だそうです!

短いと斜めに入る日差しを遮れなかったり、冬に隙間風が入りやすくなるとのことでした。
ジャストサイズは逆にデメリットがあるようですね!
逆に長すぎると、やはり見た目的にも変になってきますので、注意が必要ですよ!

出窓

出窓は最近の家や賃貸ではあまりみませんが、家によってはあります。

窓台があって、窓ガラスが外に出ている窓になりますね!
窓台に物を置いたりなどが可能になります。

出窓の場合は掃き出し窓と腰高窓の両方の要素を持っています。
窓の高さは腰までがほとんどですが、窓台があるので、カーテンが長すぎると埃をかき集めてしまったり、裾がほつれてしまったりする可能性があるので、カーテンの長さは窓台から1㎝ほど短い物にするのがオススメとのことです^ ^

腰高窓と勘違いして長めに購入しないように注意してくださいね!

カーテンレールの測り方

窓のタイプが分かったら実際にカーテンレールを測って自分の家の窓と相性の良いカーテンを選べるようにしていきましょう!

これを知っておけばまた引越しをした時に戸惑うこともなくなってきますね!

横幅の測り方

カーテンレールにはランナーと呼ばれるカーテンを引っ掛ける穴が付いていると思います。

カーテンを開け閉めできるようにレール上を動くものと、左右の端に動かないものが付いていると思います。

カーテンレールを測る時はこの左右の両端の動かないランナーから動かないランナーを結んだ距離を測るようにします。

カーテンを購入する時はこの長さで購入しないように注意してくださいね!

カーテンをつけたらピッタリすぎて余裕もないですし、見た目も不細工になります。
測ったカーテンレールから10㎝〜15㎝ほど余裕を持ったものにしてください!
その方がゆとりができて使いやすいですし、綺麗に見えますよ^ ^

高さの測り方

続いて高さの測り方ですね!

カーテンのサイズを測る上では1番大事と1番大事と言ってもいいのではないでしょうか?

測るところはカーテンレールの、先ほども言ったランナーから測るようにします。

掃き出し窓ならランナー〜床まで。
腰高窓ならランナー〜下の窓枠まで。
出窓ならランナー〜窓台までを測るようにします。

その長さを基準にして、掃き出し窓と出窓は1㎝ほど短い長さのカーテンを購入するようにするのがオススメです。

腰高窓の場合は、測った長さから10㎝〜15㎝ほどカーテンを長くした物を購入する方がオススメです♪

最後に

今回はカーテンのことをメインにお話していきました。
新婚さんで新居に引越しをすれば必ず購入することになると思います!

購入する時に知っておけると戸惑いも少なくスムースに購入できると思いますので、知っておいて損はないと思いますよ^ ^

参考にしていただければ幸いです!
最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする