記事トップ広告




結婚が転職理由の男性は不利ではない!おさえておくべきポイントは?

こんにちは!新米夫つーです^ ^

結婚をキッカケに転職をしようとしている男性は多いと思います。

参考:結婚のために転職を考えている男性へ!冷静になって考えておくこと

でも転職理由が結婚って面接に不利になるんじゃないだろうか?
そんな不安を抱えている人もいると思います。

しかし安心しください。結婚が理由の転職は男性であれば不利にはなりません!

でも気をつけておくポイントがあります!

本記事ではなぜ男性の転職理由が結婚でも不利ではないのか?
転職がうまくいくためのポイントは何なのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚が転職理由の男性は不利ではない理由は

おそらく、多くの方が結婚が転職理由になると面接で不利になるのではないかと思っているでしょう。

しかし、必ず不利になるわけではありません。

特に男性であれば有利に働く場合あります。

養う家族がいるため真剣に仕事をしてもらえると感じてもらえる
すぐに退職されないと思ってもらえる

この2つのことを採用担当が感じてもらえるのが理由です。

養う家族がいるから真剣に仕事をすると感じてもらえる

転職先との面接で転職理由が結婚だからという場合、「養う家族がいるから真剣に仕事をしてくれる人」と思ってもらえる可能性があります。

特に結婚に関して前向きな面接官であればこの可能性は高くなっていくでしょう!

結婚するからもっと稼がないといけない

給料をあげたい

役職をあげたい

ということにつながるので、仕事を任せても真面目にしてくれるということを思ってもらいやすいのです。

すぐに退職されないと思ってもらえる

結婚が理由の転職ならすぐに仕事を退職されないと思われるので、面接の評価は高くなる可能性があります。

養う家族がいるので、定年まで働いてくれるだろうと思ってもらえるからです。

会社としても長く働いてくれる人を雇いたいと思うのは当然です。
すぐに退職する人を雇うほうがデメリットがあるので、結婚が転職理由の方が採用される可能性は高くなります。

スポンサーリンク

結婚が理由の転職を成功させるためのポイント

上記に書いたように結婚が転職理由であっても、男性は会社にメリットがあると感じてもらえます。

男性

なんだ〜じゃあ安心だな!

と感じるかもしれませんが、それだけではダメです!

転職を成功させるためにはおさえておくべきポイントがありますので、詳しくご紹介していきます。

この会社を選んだ理由を伝える

結婚は転職をしようと思ったきっかけです。

ではなぜこの会社を選んだのでしょうか?
面接官はその部分を知りたいと思うのが当然です。

しっかりと転職先の良いところを伝えましょう。

ここで注意したいことは、自分のメリットになることばかりを言っては意味がないということです。

  • 残業が少ないから
  • 休みが多いから・取りやすいから

これらの理由はあなたのメリットしかありません。

このような理由でこの会社を選んだということは、家族が優先で融通がきかないと思われてしまいます。当然仕事にも積極的にしてくれないと思われてしまいます。

面接では、仕事に関してあなたがこの会社に入ってメリットになることを伝えるようにしましょう!

結婚が転職理由ですが、家族を養うために真剣に仕事をする意欲を感じられるようにし気をつけてください。

会社に与えるメリットを伝える

人を雇う時、面接官は会社のメリットをがある人材か?
一緒に働きたい人材か?ということを見ています。

面接の時に

男性A

〇〇という資格があり、経験があるので即戦力になります

男性B

〇〇という経験をしてきたので、御社の〇〇に活かせます

など、具体的にメリットを伝えるようにしておくと仕事に前向きだなと感じてもらえます

結婚が転職を決意した理由ですが、あなたが会社にどれだけ利益を生み出せる人材か。
そのことを考えて面接時に伝えるようにしてみてください。

参考:転職理由が結婚が男性への助言!面接での退職理由と志望動機はこう言え!

最後に

結婚が転職理由の男性が不利にならない理由をお伝えしてきました。

結婚自体は転職理由でも全く不利ではありません。

同じような理由で転職活動をしてきた男性はたくさんいます。

しかし、あくまでキッカケであり理由です。

  • 仕事に対して意欲的か。
  • あなたが会社に与えるメリットは何なのか。

会社は仕事をする場ですので、面接では仕事をすることを中心に話をするようにしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする