記事トップ広告




結婚式にお金がかかりすぎてもったいない!高くなる原因と節約方法は?

こんにちは!新米夫つーです^ ^

結婚式場を決めて準備を進めていると、新しいことを決めるたびに見積書というのを渡されます。

その金額を見るたびに青ざめてしまい、こんなにお金がかかっまうなんて…もったいないなぁと思っていませんか?

僕も当時同じことを思っていましたし、悩んでいました。

この記事では、結婚式にはなぜここまでお金がかかってしまうのか?費用を抑えるためにはどうすれば良いのかご紹介していきます!

スポンサーリンク

結婚式にかかるお金の相場は?

結婚式には多くのお金がかかります。
それは分かっていたけど、いざ目の前にするとお金のかかり具合にびっくりしてしまいますよね?

こんなにお金がかかっているのは自分たちだけではないだろうか?なんて疑ってしまいますが、実はそんなことはありません。

結婚式、披露宴と合わせてかかってくるお金の相場は平均して300万円と言われています。

僕ら夫婦も最終見積書を出してもらった時は300万ちょっとかかってしまいました。
人数は親族、友人合わせて約60人程度でした。

もしかしたらあなたも同じくらいの金額で困っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

結婚式のお金が高くなってしまうポイント

でもここで疑問なのは、なぜここまで結婚式のお金がかかってしまうのか?
というところだと思います。

僕も結婚式前の当時、「なんでこんなにお金がかかってるんだー!」と見積書に穴が空くほど見つめていました(笑)

そうして見つめていてお金がかかってると気づいた場所は以下のポイントでした。

料理
衣装
装花
写真・映像

正直、料理や衣装・装花はどうしようもありません。結婚式には必要な部分だからです。

そして1個あたりは安くても、人数を呼ぶことで費用がかさんできます。
飲み物や、席次表・招待状がいい例ですね。

そして初期の見積もりには書かれておらず、後から追加されるものもあります
写真や映像関係は、外部の会社が担当するため、初期の見積書には書かれていないことが多いです。

僕らは装花関係も外部の会社が担当することになっていたため、後から頭を悩ませることになりました^^;

打ち合わせの段階では細かく見積書を出してもらってください
これを、入れた時と抜いた時といったように細かく出してもらっても構いません。

あと、これから必ず追加されるものも聞いておきましょう
結婚式の打ち合わせ後半になってくると金銭感覚が麻痺してくるので、普段から見ると大きな金額でもOKしてしまう傾向があります。

それも結婚式のお金がかかりすぎるポイントですね。

結婚式のお金を節約するためには

結婚式のお金を節約させるためには見積書の中から大きく2つに分類させることから始まります。

自分たちで出来ること
自分たちではできないこと

この2つです。

自分たちではできないことは、任せるしかありません。
グレードを下げるか、友人や知り合いに頼んで持ち込みにしてもらうかで節約することができます。

逆に自分たちでも出来ることなのに注文している場合は、人件費を多くかけていることからお金のかかり方が大きくなってきます。

ここを夫婦で準備することで、結婚式費用の節約になってきます。

例えば

  • 招待状・席次表・席札
  • 写真・映像
  • 演出
  • 会場飾り

これらは比較的自分たちで準備しやすく、今では結婚式をDIYしようと話題にもなっている部分ですね。

招待状・席次表・席札

これらは自分たちで一番準備しやすい部分です。
僕ら夫婦もここは結婚式場に頼まずに、自分たちで準備しました。

自分たちですることで、半額ぐらいにはすることができます。

参考:結婚式の費用を節約するには?席次表の手作りがおすすめ!

ちなみに僕が使ったのはPIARYという結婚関係の商品を販売しているサイト。
招待状や席札だけでなく、多くのペーパーアイテムグッズを販売しています。

PIARY(ピアリー)楽天市場店

写真・映像

写真や映像はプロに頼む方が確実に綺麗なものを提供してくれます。

しかし、結婚式にかかるお金を節約するために友人や知り合い、親族に撮影してもらうのも1つの手です。

これだけでかなり節約になります。
カメラマンさんの代金って結構高いですらね^^;

一部だけ自分たちで準備するのもアリです!
僕ら夫婦の場合、プロフィールムービーに関しては妻のご兄弟に作成していただきました。

外部の会社に頼むと数万円しますから、全体の、結婚式代から見るとわずかですが、今思うと大きかったですね。

演出

結婚式の演出も自分達で工夫すると、結婚式代金を節約することができます。ブーケトスの代わりの演出をしたり、フラワーシャーにも一工夫するとちょっとした節約になりますよ!

参考:ブーケトスの代わりになる全員参加の演出は?

僕ら夫婦も極力お金がかからない演出を考えて実践したので、最低限のお金だけで済ませることができました^ ^

参考:結婚式費用を削減!お金がかからない演出方法はこれ!

会場飾り

会場の飾りは基本的に装花を使います。
結婚式場を華やかに飾るためには装花の飾りをこうした方が良い!とかなり念押しされます

装花は当日になるまで実際がわからないので、失敗したくないという思いから、ついついお金をかけてしまうのがデメリットです>_<

しかし、飾るところと飾らないところを決めておくだけで節約になってきますし、持ち込みができるなら結婚式場や提携のお店で注文するよりも安くすることができます。

参考:結婚式で使う装花の平均的な相場は?節約するには持ち込みが鍵?

もちろん、自分達で飾り付けをすればもっと節約できます!
僕たちは挙式前にゲストがまつ待合室を自分達で飾り付けすることで、装花代金を節約させることができました^ ^

最後に

せっかくの結婚式だから楽しみたいけど、今後のことを考えるとお金の不安というのは必ず出てきます。

思っていた以上のお金がかかったら当然ですよね^^;

結婚式の準備で、自分達で出来るものかできないものかを見極めて最高な結婚式にしましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする