記事トップ広告




結婚式の前撮り撮影で後悔しないために!反省点と失敗談まとめ

こんにちは!つーです。

先日結婚式の前撮り撮影の写真データが無事に届きました!
撮影はいい天気で、楽しく過ごして満足感がありました^ ^

奥さんと2人で見て見ましたが、いい写真もたくさんのあり良かったのですが、ちょくちょくなんか違うなぁ…と思う写真も>_<

写真を見て思い直してみると、「こうしておけば!」「これを伝えておけば!」と思うことがありました!

これから前撮りを控えてる夫婦のためにも、実際前撮りを終えて思ったことをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

前撮り撮影の後悔と反省

僕ら夫婦は京都で和装前撮りをしました!
撮影してくれたのは結婚式を予定している式場と提携しているフォトスタジオです。

撮影中はとても楽しかったです^ ^
後悔したり、反省するのは帰ってる途中や帰ってきてから。
撮影中はなかなか言いにくいというのもありましたね!

どのような部分で後悔したのでしょうか?

カメラマンの指定をしなかった

正直、提携先のフォトスタジオで撮影ということになったので僕ら夫婦は詳しくそこのフォトスタジオについて調べていませんでした^^;

打ち合わせもありましたが、気にしていたのはまず料金(笑)

実際に撮影してくれる人まで考えていませんでしたね>_<

カメラマンを選べたのか分かりませんが、HPを見ればカメラマンの紹介はあると思いますし、今まで撮った写真も公開されていることも多いと思います!

自分達が好きな雰囲気の写真を撮っているカメラマンがいれば、お願いできるのか聞いてみるべきだと思います!

指定できるかはフォトスタジオによって異なると思いますが、言ってみないと分かりませんからね^ ^

カメラマンとのコミュニケーション不足

スポンサーリンク

撮影してくれるカメラマンとは撮影当日にお会いしました。
しかもロケーションに出かける直前(笑)

持って行った小物の確認だけしてという感じだったので、詳しく撮影について話しができませんでした>_<

移動も別々でしたし^^;

そうなるとやはり僕らが撮りたい撮影像を上手く伝えきれませんでした。
撮影中も場所の確保などで動いてくれていたので、なかなか伝えきれず>_<

前撮りの時は奥さんのメイク、ヘアメイク中に新郎は時間が余ります!
その間にカメラマンはどの人なのか、軽くお話できるのか確認しておくことをオススメしますね!

小物の使い方を詳しく説明しなかった

今回は撮影小物を自作してたくさん持って行きました!

小物に関しては以下の記事をどうぞ!

和装前撮りで持ち込んだ小物をご紹介!手作りの持ち込みはお金が必要?
先日結婚式の前撮りに行きました。その時に実際に持ち込んだ小物をご紹介いたします。また、前撮り撮影の持ち込みは費用がかかるのかどうかもお話致します。

結婚式や前撮りで活躍する赤い糸の作り方は?糸の長さや手順を解説!
ウエディングフォトで良く見かける運命の赤い糸。実は簡単に作れてしまうのです!結婚式や前撮りの時の写真撮影のアクセントにもなる赤い糸の簡単な作り方をご紹介します。

手作りガーランドで結婚式や前撮りを華やかに!簡単な作り方‼︎
結婚式でよく見かけるガーランド。あれって簡単でしかも低コストで作れるって知っていましたか?結婚式でもオススメの手作りガーランドの作り方をご紹介します。

持って行った小物も写真や参考にしたものかありました。

当然自分達の撮ってもらいたいイメージがあったのですが、その写真がまとめられておらず、どのようなシチュエーションで、どのアングルでというのが上手く伝えられませんでした>_<

結局完成した写真はなんか違うな…
となってしまったのが悔やまれますね>_<

撮りたいイメージや写真をまとめきれていなかった

先ほど書いた内容と重複しますが、撮影したい写真のポーズや参考にした物はすぐに見せられるようにまとめておくことをオススメします!

これがまとめられていなかったので、「どんなイメージですか?」と聞かれた時にすぐに出せず、説明にもかなりもたついてしまいましたね>_<

さらに僕らの場合、やたらにソロショットが多かったです。
せっかくの前撮りなので、もうちょっと2人の写真を多くして欲しかったなとも思いましたが、それも上手く伝えられていませんでしたね>_<

あとは撮りますと言われると顔がひきつったりどんな表情すれば良ければ迷います>_<普通に歩いているシーンや店を覗いてるシーンなど自然体な写真も撮ってもらえればさらに良かったなとも思いました!

参考画像やイメージがあるとかなり伝わりやすいので、「こんな感じのを!」とすぐに出せるようにまとめておいてくださいね‼︎‼︎

写真は編集されるのか確認を取れていなかった

観光地での写真撮影であれば後ろに人が入り込んだりしている写真も当然出てくることは想像できると思います。

これらの写真は編集で消してもらえるだろうと僕は思い込んでいました!

完成した写真を見てみると…人が写り込んでる…スゴくいい写真なのにめちゃくちゃ外国人とか観光客が写り込んでいて残念な感じになっていました>_<

これは同じように前撮り撮影をしていた方々ですね。

完全に写ってしまっています^^;

勝手な思い込みをしていたのも問題でした^^;
事前に確認をしておくべきだったなと後悔しています。

もし編集をしてもらえなかったり、有料になるということでも、納得はできますしよね!

やってくれるだろう!
は確実ではありません‼︎‼︎

必ず確認するようにしてください^ ^

前撮り写真を失敗させないためには

僕が前撮り写真で後悔したことや、失敗したことなどをご紹介してきましたが、どうすればこれを防ぐことができるのでしょうか?
改めて見直してみるといくつかの共通点がありました!

  • 遠慮しない
  • しっかりと準備する
  • 積極的にコミュニケーションをとる

先ほどの後悔例を見ても
これらがぼくら夫婦には足りなかったと思います。
特に積極的にという点が足りなかったと思います!

初めての前撮り撮影ですし、勝手が分からないと思いますが、一生に一回の写真です。
遠慮せずに気になること、したいことはドンドン話していくこと行動していくことをオススメしますよ^ ^

最後に

前撮り撮影の後悔と反省についてまとめたみましたが、もちろん満足していることもたくさんのあります!
楽しかったですし、綺麗に撮っていただけました^ ^

でももっと満足できると感じたので、今回まとめてみました!

これから前撮りを控えてるいる新郎新婦の皆さんの参考になれば嬉しく思います♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

結婚式の前撮り撮影!当日の流れはどうだった?
結婚式の前撮りをするカップルは多いと思いますが、実際の前撮りってどのような流れなのかってわからないですよね?実際に前撮りをした筆者の体験した当日の流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする