記事トップ広告




夏の結婚式が嫌がられるのはなぜ?非常識と言わせないためにできること

こんにちは!新米夫つーです^ ^

夏に結婚式をすることが決まって色々調べていると良くないことがたくさん書いてありますよね>_<

  • 夏の結婚式は暑いし行きたくない
  • 夏の結婚式は大変
  • 非常識だ

こんな言葉を見るたびに気分が下がってしまうかもしれません。

なぜ、夏の結婚式は嫌がられるのか?
非常識と言われないためには結婚式をどのようにすれば良いのか

スポンサーリンク

夏の結婚式が嫌がられる理由は?

夏の結婚式は1年の中でも冬に次いで嫌がられる時期と言われています。

確かに参加する側として考えてみると冬は寒いし、夏は暑いし嫌だなぁと感じてしまいますね>_<

暑さが大敵

特に夏で考えると汗をかくのが1番嫌ですよね?
結婚式の間、室内であれば冷房が効いているので安心かもしれませんが、ガーデンなど屋外に出てお祝いする場面もあります。

その時は暑いな〜嫌だな〜と感じるゲストは多いと思います。

男性であれば真夏の結婚式と言えどスーツを着て行かなくてはいけません。
披露宴はベストなどの格好になっても大丈夫かと思いますが、挙式中はスーツ姿がマナーです!

これめちゃくちゃ暑いんですよね>_<
服の中は汗でビショビショになってしまいます。

それだけでも嫌だなと感じる人は多いでしょう!

女性は汗で髪型が崩れる、 化粧が崩れるというのが特に気になる人が多いと思いますが、結婚式で着て行くドレスがある程度露出しているので、日焼けを気にする人も多いんだとか>_<

これらを気にするばかりに、何度もトイレに行ったりするなど結婚式を楽しめないという意見もあるかもしれません。

非常識と言われやすい日程

夏に結婚式を挙げようと考えた時に、参加してくれる人が来やすい日程はいつかな?と考えるとお盆の時期をあげる人もいるかもしれません。

確かに多くの人が休みとなる時期ですが、参加する年配の人や、友人も「お盆の結婚式は非常識だ」と感じる人が多いんです。

厳密に言うとお祝い事をしたらダメな時期ではなくて、非常識ではありません!

ただ、お盆の時期は

・お墓まいりや仏事の予定が入っている。
・帰省するタイミングである
・交通機関や宿泊の予約が取れない
・出費が高くなってしまう

など、休みが故にゲストを苦しめてしまう原因があって、非常識だ!とか嫌だなと思われてしまうのです。

スポンサーリンク

夏の結婚式でも満足してもらうためには

先ほども書いたような理由があって、夏の結婚式は参加するゲストから良い印象を持たれない傾向があります>_<

でもタイミング的にも夏しかない、新郎新婦の事情もありますよね?
ハイシーズンではないですし費用的にもお得になります。

では夏の結婚式でもゲストに満足してもらうにはどうすれば良いのか、一緒に見て行きましょう!

僕は8月に結婚式を挙げましたが、ゲストにとても楽しんでもらえました^ ^(みんな楽しかったって言ってくれたんです笑)

僕が実際に対策したことも含めてご紹介していきますね!

夏にしかできない演出をする

まずは、参加してくれた人が楽しんでもらえる演出を考えて実践することがおススメですね!

僕は夏らしさを感じてもらえるように衣装の色をブルー系で統一したり、暑くても喜んでもらえるようにアイスクリームビュッフェを実施しました!

これはゲストのほとんどの人から後日良かったと喜んでもらえましたね♪

他にもシャボン玉を使った演出やビール使った演出など、夏だからこそできる演出はたくさんあります!
参考:結婚式でバブルシャワーをするには

最初は嫌だなと感じているゲストも結婚式の内容が楽しかったら絶対来て良かった!と言ってもらえると思うので、色々考えてみてください^ ^
参考:夏の結婚式の演出で喜んでもらうには

不満に感じないようなおもてなしをする

夏の結婚式では、ゲストには暑さであったり、汗であったり不満を感じいる人も多くいると思います。

では他の季節ではあまりされないおもてなしをしてあげてはいかがでしょうか?

夏の結婚式は費用も抑えられているので、余裕が出た分このようなところに使ってあげても良いと思いますね♪

例えば

・送迎バスやタクシーチケットを準備して暑さを軽減してもらう
・うちわを準備する
・制汗剤を準備する
・冷たい飲み物を準備する
・料理を豪華にする

などなど、おもてなしとしてのアイデアも視野を広げるとたくさん出てきます^ ^
ウェディングプランナーさんとも相談しながら、どうしたら満足してもらえるか決めてもらえればと思いますね!

参考:夏の結婚式のおもてなしアイデアは?

結婚式の日程をずらす

お盆の時期はゲストの方々でも身内でも、ちょっとキツいなぁと感じる人も多いでしょう。

お盆に固執する必要はないので、お盆前後の少し時期をずらしてみたりしてはいかがでしょうか?

僕は8月の末に結婚式をしました。
もちろん参加できないゲストもいましたが、真夏と言うよりは残暑のイメージもあって、多少暑くても不満はマシでしたし、お盆も過ぎていたので非常識だと言ってくる人はいませんでしたね!

夏は夏でも少しだけでも日程をずらすと印象も違いますのでおススメですよ^ ^

挙式と披露宴を別日にする

どうしてもお盆しか予定があげられない新郎新婦もおられると思います。

そうであればお盆は挙式だけにして、披露宴やお披露目会、2次会のようなものは別日にしてしまうという方法もあります!

結婚式の気分を2度味わえるのも新郎新婦としても嬉しいですし、友人達も2人の晴れ姿を見れるので喜んでくれると思います。

もし別日で打ち合わせをしたり、準備したり連絡をとったりを考えるのが面倒という場合は、2次会代行サービスというのが最近あるので活用してもらえればと思います。

参加費からの支払いで実質負担0でできますし、友人に頼む気遣いも減らせるうえに、お店も選んでくれるので結構おすすめだと思いますよ^ ^

【結婚式二次会幹事代行(二次会サポーターズ)】

最後に

夏の結婚式は暑さや日程など、不満を感じさせやすい要因がありますが、対策さえしてしまえばそこまで大きな問題になることはないと思います!

僕も夏の結婚式でしたが成功できましたし、奥さんは今でも写真を見たり動画を見たりして良かったな〜と言っています(笑)

身内も友人達も良かったね〜などと言ってくれたので、夏だったけどやって良かったと思いました^ ^

夏の結婚式でどうしようかなと悩んでいれば是非参考にして頂き、最高の思い出にしてもらえればと思います♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする