記事トップ広告




年末の大掃除をしてはいけない日がある?縁起のいい日と悪い日はこの時!

こんにちは!新米夫つーです^ ^

年末が近づいてくると、大掃除についてテレビで流れたり、調べたりすることが増えてくると思います。

その時に、「大掃除をしてはいけない日」という言葉を見かけて、気になった人もおられるのではないでしょうか?

年末年始ですし、どうせなら縁起のいい日に掃除をして、来年はいい年にしたいですよね!

  • 大掃除をする日で縁起のいい悪いがあるの?
  • 大掃除をしてはいけない日はいつ?
  • 大掃除をして縁起が良い日はいつ?

といった、大掃除をしてはいけない日から、縁起のいい日までご紹介してこうと思います!

スポンサーリンク

年末の大掃除をしてはいけない日はいつ?

まず、年末大掃除をしてはいけない日は見ていきましょう!
縁起のいい日を知っていても、悪い日を知らなければ掃除してしまう可能性がありますからね^^;

年末の大掃除をしてはいけない日は2日あります!

■年末の大掃除をしてはいけない日
  • 12月29日
  • 12月31日

それぞれなぜ大掃除をしてはいけない日なのか、説明していこうと思います!

12月29日が大掃除をしてはいけない理由

12月29日に年末の大掃除をしてはいけない理由は数字にあります。

「数字の9が苦を連想させるから」というのが理由です!

日本人は昔から語呂や意味合いには敏感に過ごしてきたので、今でも昔からの名残から29日は数字の縁起が悪いとされてきたようです。

ちなみに数字の4も縁起が悪い人されています。
「49」は「四苦八苦」という語呂にもなるように、苦労するという意味で捉えられていました。

年末の大掃除をする時には気をつけなければいけませんね!

12月29日は年末の大掃除のみならず、正月の準備もしてはいけない日とされています!

餅つきを12月29日にすると「苦しみも一緒につく」と言われています
門松の飾りも12月29日にすると「苦しみを待つ」という意味合いで捉えられていました。

こいう言った理由から、12月29日は年末の大掃除のみならず、正月の準備もしてはいけない日と言われています。

12月31日が大掃除をしてはいけない日の理由

12月31日は、大晦日やその年の最後の日というイメージがあると思いますが、実は12月31日からお正月は始まっているんです!

というのも、12月31日はお正月の祭神様を迎え入れる日とされています。
こんな日に大掃除をしてしまうと、せっかく来ていただいた神様をホコリと一緒に払ってしまうことになってしまうのです!

すごい縁起が悪いですよね…

12月29日と同様に12月31日もお正月の準備をしてはいけない日と言われています。
12月31日にお正月飾りをすることを「一夜飾り」と呼ばれていて、昔から嫌われています。

先ほども書いたように12月31日はお正月の神様をお迎えする日です。
こんな日に準備をしていては、せっかく来た「偉い人の席が準備されていなかった」ということになってしまいます!

12月31日に大掃除をしたり、お正月の準備はしないようにするのがいいみたいですね!

スポンサーリンク

年末の大掃除をするのに縁起のいい日は?

年末の大掃除をしてはいけない日があるならば、進んで大掃除をするべき日もあって欲しいですよね!
縁起のいい日に掃除できると気持ちよく新年を迎えられそうですし^ ^

調べて見ると12月に1日だけ、大掃除をするには縁起がいい日がありました!

■年末の大掃除をするのに縁起のいい日
  • 12月13日

12月13日は神社やお寺などで「すす払い」が行われる日です。
1年の誇りを落とす日として昔から選ばれてる日なのですが、なぜ、この日にすす払いが行われるのかというと

12月13日は「物忌み」(ものいみ)が始まる日とされてるからです!

物忌みとは、お正月に神様を迎え入れるに当たって、心も体も綺麗に清めることを言います。

大掃除をすることで、家を綺麗に清め、心もスッキリすることができるのでとても縁起が良い日なんですよ!

年末の大掃除を効率よくする秘訣!

年末の大掃除をしてはいけない日も、大掃除をするのに縁起の良い日も分かりましたが、12月はクリスマスや年賀状などやることたくさんあって、12月13日に掃除できそうにない。

仕事が忙しくて結局縁起のわるい日にしか掃除できなさそう。
という人もいるかもしれません。

年末の大掃除を効率よくする秘訣は

■年末の大掃除を効率よくする秘訣
  • 毎日コツコツする
  • 誰かに大掃除をやってもらう

というのがポイントになります!

大掃除は毎日コツコツやるべし

多くの人が言っていますが、効率よく大掃除を進めるには毎日にコツコツと大掃除を進めていくことがおすすめです。

毎日と言わず毎週でも良いかもしれません。

いつもの掃除に加え、「今日はテレビ周り」「今日はクローゼットの中」「今日は寝室」と大掃除をする場所や範囲を決めて、着実に終わらせていくのがいいですね。

僕がおすすめする方法は、クローゼットの中のいらないものを捨てることから始めることです!
クローザットの中って使ってなかった物や懐かしいものが出て来て、大掃除の手が止まってしまうので、早々に終わらせることをおすすめします!

年末の大掃除は誰かに頼むと効率が良い!

忙しくて年末の大掃除をする暇がなければ、家事代行サービスを利用して縁起のいい日に大掃除を頼む方法も効率よくておすすめです!

誰かに頼むと縁起が良くなさそうですが、実家だってみんなで協力してやりますしそこまで気にしなくても良いんじゃないかなと思います!
家事代行では掃除が大変な場所だけ頼む方法もできるので、最後に自分で少しやるという方法にすれば問題ないのでないでしょうか?

縁起のいい日に大掃除ができるだけではなく、自分の時間も確保できるのでおすすめですよ!

最近の家事代行サービスはコストパフォーマンスが高く2,000円代から注文できたり、時間単位や掃除範囲単位で頼むことができるので、自分の希望通りに注文することができます!

家事をしてくれる人も研修を受けてサービスも高いと評判が上がってきているようですよ!

僕のおすすめは「Casy」という家事代行サービスです!
先ほど書いたサービスも提供していますし、全国展開しているので頼める人も多いのではないかなと思います!



お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

最後に

年末の大掃除をしてはいけない日、大掃除をするには縁起の良い日ということを中心にお話ししてきました!

  • 12月29日、31日は大掃除してはいけない日
  • 12月13日に大掃除すると縁起が良い日

ふとした時に気になることだと思います。
ぜひ年末の大掃除をする時に参考にしてみてください!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする