記事トップ広告




【体験談】結婚の挨拶で彼女の両親に会った時に困ったこと!実際に起きたトラブルは?

こんにちは!新米夫つーです^ ^

プロポーズが無事に終わってもまだまだ心休まる時はありません!
次のステップにご両親へあいさつに行く!ということが必要になってきます。

これがまた緊張するんですよね>_<
僕もかなり緊張しました(笑)下手したらプロポーズより緊張する人もいるかもしれません^^;

実際に結婚のあいさつをしに行ったからこそ分かる困ったことや、起こった出来事をこれからあいさつに行く方のためにご紹介していこうと思います!

ぜひ、僕の体験談を参考に心構えしてもらえたらと思います^ ^

スポンサーリンク

ご両親との会話で起こった困った出来事

相手のお家にお邪魔したらご両親とお話しをしていくことになると思います。

ある程度聞かれることも事前に確認していても、実際にその場ではなかなかうまくはいかないものです。
やはりその現場では想像以上の出来事が起こってきました!

実際にこんなことがあるんだ!ということを見たことがあるだけでも似たような状態になった時には対処できると思うので、僕が体験した出来事をご紹介していきますね!

自己紹介をするタイミングがない

彼女のご両親へ挨拶へ行ったのに自己紹介ができないなんて…
こんなことががあるのかと思いましたね^^;
そんなことないだろうと皆さんは感じるかもしれませんが、実際にありました(笑)

なぜ自己紹介をするタイミングがなかったのかと言うと、まず僕が相手のご両親へ挨拶に行ったのが冬だったんですね!

足元が寒いだろうと暖房を付けてくれようとしたんです!

と思っていたのですが、どうもヒーターが…つかない!!!
彼女の家族がみんなヒーターの方に行ってしまいました(笑)

僕はどうすることもできずオロオロするだけです^^;
手伝うべきなのかと見に行こうとすると座っててと言われるし、かといってずっと座っているわけにもいかずただただ見てました(笑)

やっと落ち着いて話だそうと思ったのですが、彼女のお父さんも焦っていたのでしょうね^^;
僕が自己紹介する間もないほどに、彼女のお父さんのマシンガントークが始まってしまいました

もう全然話は入ってこないですよね〜(笑)
だって自己紹介してないんですもの!

自分が話すタイミングになってからやっと自己紹介しました^^;

ここまでくるのにかなり時間がかかりました。
まさかこんなことになるとはという感じでしたね(笑)

もうちょっと空気を読んで話しをするタイミングを見極められたら良かったのですが、彼女のお父さんもなれない場面で緊張してしていたのだろうなとも思いました!

序盤からこんな感じで話が始まると思いもしませんでした。
この時はこれが序章になるとは思いもせず、次にすぐ困った出来事が出てきます>_<

結婚のお許しをもらうタイミングが見つからない

もっと焦ったのがこれ!
結婚のお許しをもらうタイミングがなかなか見つからなかったことです!

会話がひと段落してから結婚のお許しをもらおうと言葉を発すればいいのですが、先ほども書いたようにマシンガントークが広がって彼女のお母さんも話が止まりませんでした(笑)

会話の内容も脱線していきなかなか話を切り替えづらくなってしまいました>_<

会話の内容を途中で折るわけにもいかず、受け答えしていくとさらに脱線していく始末で、結局ご挨拶の最後の方にお許しをもらうことになりました。

結果的に大丈夫だったので良かったのですが、長い時間お邪魔するわけにもいかず、時計ばかり見るわけにもいかず、なかなかタイミングを見つけられずに苦労しました^^;

自分のトーク力のなさもあるかもしれませんが、このようなトラブルもあるんだなとびっくりしました!
ここまではないかもしれませんが、最悪の場合と思って想定しておくと良いと思いますね^^;

スポンサーリンク

あいさつ中に自分のことが気になって困る!

彼女のご両親へご挨拶に行った時、挨拶に意識が集中しますが、それ以外にもトラブルは潜んでいます!

初めての家、案内される部屋や椅子、お手洗いなどなど。

こういうことって自分だけしかわからなくて、周りには一切伝わらないんですよね>_<
自分の中で気になって気になってしょうがなくなると、相手の話が入ってこなかったりと困ったことが起こってきます。

実際に僕の身の起こったことをご紹介していきます!

姿勢が保てない

これは話す内容とかタイミングとかを気にしていて忘れていたのとあるのですが、家によってテーブルと椅子のところもあれば和室で正座しないといけないこともありますよね?

僕の場合、彼女の家に行った時は応接間でソファに座ることになりました。

その時に座ったソファがまたよく沈むソファで^^;
めちゃくちゃ姿勢を保つのが大変でした(笑)

ソファに座ると沈んでしまうので姿勢が悪くなりますし、背もたれにもたれてしまうのも態度が悪いと思われるので、態度が悪くならないよう工夫をしてかなり気をつけました!

まず沈まないように少し浅めに座ろうとしたのですが、テーブルが膝のところにあってあまりポジションが変えられない羽目に…

結局最後までいい案が見つからず我慢しました。
こういう状態があると腰も一緒に痛くなるので、結構大変でしたね(笑)

ちなみに僕の両親へ彼女が挨拶にきた時は和室でしたので正座をして話すことになりました。

当然ですが足が痺れて座ってられない状態に^^;
僕の場合は自分の家ですが、真剣な話をしに来ているので足を崩すわけにもいきませんからずっと我慢しましていました。

彼女は緊張のあまり、足の痺れを全く感じてなかったようですが(笑)

このように自分の身に降りかかるトラブルというものを忘れてはいけません!
トイレとか多くの人が気をつけるのですが、まさか座ってられないなんてことが怒るなんて思っていない人がほとんどだと思います。

こういうことにならないようにも思い切って足を崩しても良いか、もしくは自分の自宅にきた時に相手に伝えられるようにしておくとお互いに助かると思います!

最後に

結婚の挨拶の時には色々なことを想定して行くと思います。

僕と全く同じことが起こることは少ないも思いますが、ほぼほぼイメージ通りにはいかないと思うので、どんな時も焦らず落ち着いた態度で話をするようにしてください!

この体験談がちょっとでも参考になれば幸いです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする