記事トップ広告




プロポーズする時の貯金額っていくらあればいいの?貯金がないのはNG?

こんにちは!新米夫つーです^ ^

プロポーズを考えている男性の多くの悩みにお金があります。
僕も一体いくらぐらい貯金があれば結婚しても大丈夫なんだろうか?と不安に思っていました。

今のご時世、女性も結婚相手の男性の貯金や年収も結婚条件に入っていると聞きますから、さらに不安になってきますね^^;

実際に結婚にはいくらの費用がかかってくるのか?
貯金はいくらあれば安心なのか?
実際に僕は貯金いくらでプロポーズをしたのか?

など、プロポーズ時の貯金についてお話ししていこうと思います!

プロポーズの貯金額が知りたい人は最初はとばして見てくださいね^ ^

スポンサーリンク

プロポーズの時とその後ではいくら必要になるのか

結婚って何にいくらのお金が必要になってくるのかって分かりにくいですよね>_<
結婚前のプロポーズもそうですし、結婚式や結婚の後にもお金は必要になってきます。

実際に僕がプロポーズをしてからかかってきた費用や世間一般の費用をまずは見ていきましょう!

プロポーズ時に必要なお金は?

プロポーズの時に必要になってくるお金と言えば婚約指輪を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

婚約指輪は平均的に30万円前後のお金がかかることが多いです!
もちろん物によっては安くできるかもしれませんが、だいたいの値段として思っている方が無難かと思います!

まずプロポーズに婚約指輪を考えている男性は、これぐらいの費用は抑えておいた方がいいかもしれませんね!

でもプロポーズをって指輪を渡すだけではありませんよね?
プロポーズをするシチュエーションも作らなくてはいけません!

そのようなプロポーズをする場所によってもお金がかかることもありますよね?

ホテルでしたら宿泊費
レストランでも食事代

プロポーズをする場合ですので、あまりにもグレードを下げることはできないと思うので、それなりの値段のプランを組むと思います。

お店によって異なるとは思いますが、目安として3万円ほどが必要になるのではないでしょうか?
もし、お店でプロポーズプランなどを活用する時はさらに上乗せされる可能性もあります。

上記にも書いたことをまとめると、婚約指輪とプロポーズをする場所を準備するだけでも30万円~40万円は準備しておいた方が無難だと思います!

こんなにもお金が必要になるのか!と思うかもしれませんが、人生のケジメだからと準備する男性は多いです。
この辺は価値観の違いですね^^;

ちなみに僕はプロポーズにこんなにお金をかけたくないと思ったので、婚約指輪を渡さずにプロポーズをしました(笑)
婚約指輪を渡さずにプロポーズする方法について見てみる

プロポーズの後に必要になるお金

プロポーズが無事に成功すれば結婚に向けて動いていくと思います!
どういうことをしていくのかと言うと…

・両家の顔合わせ
・結納
・結婚指輪
・新居の準備
・結婚式

一般的な結婚の準備をまとめてみると上記のようなことをしていくことになります。
結婚までの流れを知りたい方はこちらの記事も一緒に見てもらえるとイメージがつきやすいと思います。

結婚式までも安くはない費用がかかってくるのですが^^;
ここではそれぞれどれぐらいの費用がかかってくるのか見ていきましょう!

両家の顔合わせと結納

まず、プロポーズが無事に済んで結婚の報告が終われば両家の顔合わせや結納があります。

今の時代結納をするカップルはほとんどおらず、ほとんどの場合は顔合わせ食事会だけで終わることが多いですね。

僕ら夫婦も顔合わせ食事会だけででした!

この顔合わせ食事会はカップルで支払うことが多いです。
お互いの家族を招待する立場の食事会ですからね!

費用としては一人当たり5000円〜1万円くらいが相場だと思います。
食事会に呼ぶ家族の人数によって金額が変わってくるのですが、僕ら夫婦の場合兄弟も読んだので10万円近くもかかってしまいました>_<

こんなにもかかることは稀だと思いますが、自分たちと親とで5万円くらいはイメージしておくと良いと思います!

結婚指輪

先ほど、婚約指輪についてはいくらぐらいかかってくるのか書かせてもらいました!
だいたい30万円ぐらいでしたね!

では結婚指輪はいくらぐらいなのでしょうか?

これは男性と女性でちょっとだけ金額が変わってきます!
なぜかって?

サイズの違いももちろんありますが、女性の場合は結婚指輪でもダイヤがつきますからね!

僕ら夫婦の場合は男性で10万円。女性で15万円ほどの費用がかかりました。

指輪の素材によっても変わってくるのであくまで参考ですが、全国的に見てもこれぐらいの費用が平均的というデータがゼクシィさん調べでも出ています。

結婚指輪の平均価格は2つで24万1000円 (ゼクシィ結婚トレンド調査2017/全国推計値)。

※ゼクシィから引用

僕はk婚約指輪より結婚指輪の方を重視していましたから、この金額は必ず準備しなければと思っていました。

ちなみに僕が払ったのは自分の結婚指輪分だけですよ!

新居

さて新居ですが、こればっかりは夫婦によって差がありすぎますね^^;

ただ、新居の初期費用には約50万円。
家具家電を揃えていくだけでも50万以上はかかってくると言われています。

夫婦である程度協力したり、親に援助してもらったりも必要になってくるとは思いますが、ある程度の貯蓄が必要になってくるのがわかりますね!

結婚式

一般的な結婚式だけでも300万円ほどかかります(笑)
もちろんこれらはカップルによって変わってきますが、多くの既婚者の意見をまとめてみるとこれぐらいの金額が必要になってくるそうです!

全国平均の費用総額は約354.8万円、招待人数は約70.2人。

※費用総額は挙式、披露宴・パーティ費用のみ、結納、二次会、新婚旅行などの費用は含まれない。

※ゼクシィから引用

まじか…焦っているかもしれませんが安心してください!
全て男性が準備する必要はありません^^;

結婚式は2人の門出を祝うものです。
夫婦2人で貯めていく。もしくは親の協力を得ることで結婚式の費用をまかなっているカップルがほとんどです!

ふたりの貯蓄の合計金額に、親からの援助と招待客からのご祝儀をプラスしたのがふたりの結婚資金。地域によって差はあるけれど「援助があった」人が大多数。全国の各都道府県でみても、最低約72.9%~最高約85.1%ほどの人が援助をもらっている。

※ゼクシィから引用

僕も親から援助していただきました。
というか援助してもらえないと到底結婚式を挙げることができませんでしたからね!
プロポーズをした時の僕の貯金額を後に書いています。こんな貯金額でも結婚できたの?と思ってもらえると思います(笑)

しかし、プロポーズが終わって結婚を考えるとこれぐらいのお金が必要なのだということは知っておく事は大事だと思います。
できることなら結婚式の費用を抑えたいなと感じた人もいると思います!

結婚式の費用を割引させる方法をまとめた記事もありますので、そちらも一緒にチェックしててください!実はちょっとしたことで割引させることが可能なんですよ^ ^
結婚式の費用を割引させる方法はこちら

プロポーズ時の貯金額の平均は?

スポンサーリンク

さて、やっとですがプロポーズ時の貯金額についてお話ししていこうと思います。
他の人たちは実際どれぐらいの金額を貯金していたのかは気になりますよね?

僕が調べてみたところ10万円~100万円という人たちが多いみたいたです!
そしてその中でも意外に10万円前後の人が多いのだとか!

この貯金額を見て思うことは、みんな結構親に頼っているんだろうなということ。
今まで紹介してきた金額って、自分1人で賄うのはかなりしんどいですよね?

もちろん仕事をしながらの人が多いと思うので、収入とかかってくる費用を計算しながらの人もいると思います。

しかし、親もある程度は自分の子供にお金を準備しているのも事実あります。

結婚の時は唯一親に甘えられる時とも言いますので、遠慮なく頼んでも大丈夫だと思いますね^ ^

貯金がなくてもプロポーズはできるのか?つーの実際は?

先ほども書いたように貯金額が少なくてもプロポーズは可能ですし、成功している人も多くいます!

女性の中では貯金がないと嫌だ!
という人もいる場合がありますが^^;

では僕がプロポーズをした時の貯金額はいくらだったのか?
実際に僕がプロポーズした時は貯金額が約40万でした!

でも実際に楽しく結婚生活を送れています^ ^♪
プロポーズしてから一緒に住み出すまで約半年でしたから、その間のお給料とかも計算しながらまかなっていけました!

もちろん生活費が苦しい時もありましたし、親の助けもありました!
でも夫婦で協力していけばある程度までは可能だとは思いますよ!

もし彼女さんが不安がっていたら、今後どのような計画を立て、考えているのかを伝えてあげると安心されると思います^ ^

最後に

プロポーズをする時、男性にとっては大きな決断ですし、今後の不安からなかなか踏み出せないと思います!

自分の中で簡単に計算しておき、納得できる金額まで貯めておくと不安感は減るので、一度計算してみてください^ ^

夫婦生活はプロポーズがうまくいってからが本番です!
まずはプロポーズに集中して、結婚が決まれば今度は夫婦で相談していってみてはいかがでしょうか?

この記事がプロポーズで悩んでいる人の後押しになれば幸いです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク



SNSシェア文章

 

結婚を控えている人や新婚さんにシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になった方はFBで「いいね!」やTwitterで「ツイート」も是非お願いします^^!

最新情報を受け取りたい方はいいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする